スパンアートギャラリー

銀座 画廊 スパンアートギャラリー 東京都中央区銀座のギャラリー

facebook twitter

幻想耽美 現在進行形のジャパニーズエロチシズム

幻想耽美

現在進行形のジャパニーズエロチシズム

2014年6月17日(土)~6月28日(日)

【Bunkamura Gallery 東急文化村ギャラリー】
企画:スパンアートギャラリー

10:00~19:30 入場料無料 ・ 会期中無休

人形偏愛主義

人形偏愛主義

耽美主義とは、表現されている事象の思想や善悪を問うことではなく、
その美的享受及び形態のみに最上の価値を置く、19世紀後半ヨーロッパに広まった芸術思潮です。


オスカー・ワイルドや江戸川乱歩、夢野久作、澁澤龍彦などに象徴される
異端や幻想的な表現は、進歩的なアンチテーゼを醸し出してきました。
耽美主義は、エロス(性)とタナトス(死)の両義性を主軸とした
古代ギリシャより現代に至るまで、表現者の普遍的なテーマでもありました。
日本でも平安時代より民間で定着していたお伽草子や怪談などが親しまれており、
世界にも類例のない独自の表現世界が確立されました。


画壇を中心とした保守的な作風が主流を占めていた時代に
挑発的な表現で時代に風穴を開け、時代を切り開いた日本のルネサンスであり、
アングラ演劇やサブカルチャー、現代のクールジャパンに至るまで影響をもたらしています。


本展ではその系譜を継承する次世代の36人の作家たちによる
絵画・イラスト・人形作品など展覧販売します。刺激的な表現と陶酔を誘う根源的な美。
日本の土壌から生まれた36作家による魅惑的な幻想耽美の世界に是非お立ち寄りください。

掲載作品 清水 真理「禁断の果実」 2012年 40cm

≪出品予定作家≫

平面: 東學、大友暢子、佳嶋、金子國義、黒木こずゑ、桑原聖美、沙村広明、須川まきこ、
空山基、多賀新、たま、成田朱希、根橋洋一、長谷川友美、林アサコ、林由紀子、
林良文、古川沙織、町野好昭、丸尾末広、森口裕二、山本タカト、山本じん、吉田光彦

立体: 上野シゲユキ、オカムラノリコ、恋月姫、甲秀樹、清水真理、神宮字光、
Dollhouse Noah、中嶋清八、衣(hatori)、三浦悦子、森馨、矢沢俊吾

≪トークイベント&サイン会開催!!≫

ゲスト:谷川渥(美学者)、空山基(イラストレーター)、恋月姫(人形作家)
様々な視点から耽美の世界を追求し続けている御三方。
日本独自のロリータファッションや世界中から注目を集めるオタク文化の基盤となった「耽美主義」、
そして今回のテーマである「幻想耽美」について語って頂きます。

開催日:6/20(土)
開催時間:【トークイベント】16:00~17:00 (約1時間を予定)
【サイン会】  17:30~18:00 (約30分を予定)

会場:Bunkamura Gallery

幻想耽美, 現在進行形のジャパニーズエロチシズム, Bunkamura Gallery, 展覧会

>> pagetop
>> HOME

銀座 画廊 スパンアートギャラリー tel. 03-5524-3060
東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル